ジアミンが含まれる白髪染めを使用するときはパッチテストが不可欠なワケ

 

利尻ヘアカラートリートメント

 

注意!ジアミン系白髪染めはアレルギーの恐れ

 

市販されている白髪染め商品の多くは、酸化染料の一種であるジアミンが含まれています。この成分は、髪に色を定着させる効果が高いという特性がありますが、刺激が強いため皮膚に触れるとかゆみや発疹、痛みがあったり、腫れといったアレルギー症状が起こることがあります。

 

重篤な場合は、アナフィラキシーショックによるに呼吸困難や動悸、咳などの症状が出る可能性もあります。 そのためジアミンが含まれる白髪染めを使用する場合は、事前にアレルギーの有無を検査するパッチテストを行うことが大切です。

 

ジアミンアレルギーかどうかを知る!大切なパッチテスト

 

アレルギーとは、突然に発症するものですから、いつも使用して何の異常もなかった白髪染めでも、必ず使用前にはパッチテストを行い、アレルギーが発症していないことを確認しましょう。

 

パッチテストは、髪を染める直前ではなく、使用する48時間前に行います。白髪染めの液を綿棒に少量つけ、腕の内側などの目立たない場所に十円玉大の面積に塗り、自然乾燥させて30分ほど放置し、様子を見ます。

 

塗った部分に赤みなどが出た場合はアレルギー症状が出ているのですぐに洗い流します。48時間ほど観察し、異常がない場合は安全に使用できます。パッチテストは自分の身を守る大切なものですから、安易に考えず必ず行ってください。